わけありの物件|耐久性もバッチリで安心の仕上がり|みやび建設にお任せあれ

耐久性もバッチリで安心の仕上がり|みやび建設にお任せあれ

わけありの物件

家

家賃が安い

事故物件と言ってもいろいろなものがあります。ただ一般的に言われているのは、賃貸するマンションやアパート、家屋などで前に住んでいた居住者が、何らかの原因で死亡していた物件を指すことが多いようです。その原因は病死であったり自殺であったり、突然死であったりと様々です。このような賃貸物件は、なかなか借りる人が少なく家賃が安くなっていく傾向が、東京でも多くみられます。周りの相場と明らかに安い家賃の物件があれば、事故物件ではないかと疑ってみてください。

告知する義務

どうしても安い家賃の物件じゃないといけないといった考えで、事故物件にたどり着くケースも東京では多くあります。ほとんどの人が不動産屋さんを介在して、アパートやマンションの賃貸契約を結んでいますが、不動産屋さんはアパートやマンションの借主に、前に住んでいた人はどんな状態だったかということを、新しく借りる人に告知する義務があります。家賃が安いからと言って選んだ部件が、実は事故物件だったということも東京では多くあります。賃貸物件を借りるときには、周囲に立っている物件と家賃が極端に変わらない、入居者も極端に少なくないということも考慮して借りるようにしてください。仲介してくれる不動産屋さんにもしっかりと聞くのも、大切です。また、不動産屋さんのなかには事故物件を専門的に扱う会社も存在します。そのような会社は賃貸契約者へのサポートも充実しているため、安心して物件を紹介してもらえるでしょう。